1. HOME>
  2. 届出証明>
  3. 住宅のバリアフリー改修工事による固定資産税の軽減について

住宅のバリアフリー改修工事による固定資産税の軽減について

住宅のバリアフリー改修工事が行われた場合その家屋の固定資産税が軽減されます

平成19年4月1日~平成28年3月31日までの間に一定のバリアフリー改修工事が行われた住宅(工事費30万円以上) その住宅の固定資産税額を改修工事の翌年度分に限り、1/3を減額します。 (100m2までを限度とします)

(1)対象となる既存住宅の要件

  • (1)平成19年1月1日現在において存在する専用住宅または併用住宅であること。
    注:賃貸住宅は対象となりません。
  • (2)次のいずれかの方が居住していること。
    • 満65歳以上の方
    • 要介護認定又は要支援認定を受けている方
    • 障害者の方
      

(2)対象となるバリアフリー改修工事

  • (1)廊下の拡幅
  • (2)階段の勾配の緩和
  • (3)浴室の改良
  • (4)トイレの改良
  • (5)手すりの取り付け
  • (6)床の段差の解消
  • (7)引き戸への取替え
  • (8)床表面の滑り止め化

(3)申請手続き

次の書類をバリアフリー改修が完了した日から3ヶ月以内に税務課固定資産税係まで提出願います。

  • (1)固定資産税減額申請書(税務課固定資産係にあります)
  • (2)バリアフリー改修工事が行われたことが確認できる書類
    • バリアフリー改修工事契約書
    • バリアフリー改修工事明細書
    • 改修工事着工前、着工後の写真
  • (3)申請者が負担したバリアフリー改修費用の額が50万円以上であることが確認できる書類(領収証等)
注意
  • (1)バリアフリー改修と併せて行われたバリアフリー改修に直接関係ない屋根や壁の貼り替え等単なるリフォームの額は、バリアフリー改修に要した費用の額に含まれません。
  • (2)自己負担額が30万円以上のバリアフリー改修工事が対象となります。(補助金等がある場合はその金額を除きます)

★ご不明な点がありましたら担当までお問い合わせください。

担当:蘭越町税務課固定資産係 TEL 0136-57-5111 内線244

※「用語解説」についてのお問合せページ