蘭越町交流促進センター雪秩父

雪秩父とは

湯本温泉郷の「雪秩父」(ゆきちちぶ)は、内風呂の大浴湯の他、チセヌプリを望む特徴ある7つの露天風呂が人気の町営の日帰り入浴施設です。
大自然に囲まれた露天風呂が、雪秩父の自慢です。大湯沼からチセヌプリ・ニトヌプリまでを見渡せるようになっており、自然を肌で感じることも出来ます。また、冬期間も利用可能となっておりますので、冬のニセコの山々を背にしながら、温泉を満喫する事も可能です。休憩所や食堂を完備しておりますので、ご利用下さい。

【泉質】単純硫黄温泉(硫化水素型)
【効能】神経痛・腰痛症・慢性湿疹・関節等の運動機能障害・疲労回復

※入浴時間は午前10時(冬期間は12時)から午後8時までとなります(午後7時までにご入場ください)。
※食堂の営業時間は正午から午後6時です(ラストオーダーは 午後5時)。
※休憩室のご利用は無料ですが、団体による長時間の占有、宴会等はご遠慮ください。
※定休日/毎週火曜日(祝・祭日、年末年始、ゴールデンウィーク除く)

  • リンスインシャンプーとボディソープは、備えています。
  • レンタルバスタオル300円、フェイスタオル210円でご利用いただけます。
  • 当館での男女混浴は、小学生以上のお子様からお断りしております。どうぞご理解をお願いいたします。
  • 回数券(10回綴り)を5,000円で販売しています(毎月26日に購入いただくと、その日の入浴1回分サービス)

交通案内

<JR>
函館本線・昆布駅からタクシーで30分
札幌駅から約3時間30分
  • 函館本線「小樽行き」の電車を利用して、小樽駅で下車します。[約30分] (快速電車をご利用になると便利です)
  • 小樽駅から、「長万部(おしゃまんべ)行きまたは倶知安(くっちゃん)行き」へ乗り換えします。倶知安行きはさらに倶知安駅で長万部行きに乗り換えます。[約2時間30分]
  • JR昆布駅または、ニセコ駅で(函館本線)で下車し、タクシー等で30分程で到着します。
<車>
札幌から国道5号線 函館方面へ約3時間
  • 札幌から国道5号線を長万部・函館方面に向かっていただくと、3時間程度、蘭越町昆布に入ってすぐの幽泉閣の入り口となっている案内看板の道道を20分ほどのぼっていただくと、到着致します。
  • 国道230号線を洞爺方向に向かい喜茂別からニセコ方向へ道道岩内洞爺線を経由しても3時間弱で到着します。

※一部のカーナビで、「雪秩父」「0136-58-2328」を検索すると、「蘭越町役場」を表示するものがあります。平成27年に建て替えの際、一時的に連絡先を振り替えたことが原因と推察します。
表示されないときは、「ニセコ湯本温泉」を検索してください。

住所
北海道磯谷郡蘭越町字湯里680番地
電話
0136-58-2328
FAX
0136-58-2802
入浴受付時間
午前10時~午後7時(食堂は正午~午後5時)
定休日
火曜(火曜が祝日の場合は翌日)
入浴料金
大人700円・小人300円